2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

Capital Mysteries

多読を始めてから、児童書のシリーズ物に面白い本がたくさんあるということを知りました。

例えば、A to Z MysteriesやDragon Slayers' Academy、Nate the Great、Animorphs、Saga of Darrenshan、Amazing Days of Abby HayesやStarSisterz。挙げればきりがないのですが・・・

この中でもA to Z Mysteriesはタドキストに人気のシリーズです。作者はRon Royさん。

このRon RoyさんがA to Zの次に書いているシリーズがCapital Mysteriesです。

登場人物はKC(女の子)とMarshall(男の子)。二人はWasington D.C.に住んでいます。

Capital Mysteriesというくらいですから、Mysteryです。現在8巻まで出ています。

YL(読みやすさレベル)は3です。周りの大人も巻き込んで事件を解決していくので、謎解きの面白さも結構味わえます。

200705311836000

2007年5月24日 (木)

書評をまとめてアップするのは大変だな~

というわけで、これから書評をアップし忘れた3冊の書評をアップしたいと思います。

お楽しみに~♪

2007年5月21日 (月)

山の湯オフ(長野県タドキストオフ会)、開催しました~♪

いやぁ・・・怒涛の2日間でした。

細かい内容はSSSの掲示板に掲載してありますので、そちらをご覧下さい(笑)

http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-event&c=e&id=11211

皆さんを松本駅でお見送りして、そこで杏樹さんと別れて、少し松本駅の本屋さんをのぞいて、まろさんのお迎えを待っていたら、疲れがどっと・・・

土曜日の睡眠時間が短かったのもあるのですが、眠くて眠くて・・・

結局夕食はまろさんが作ってくれました。片づけまで・・・

こまろと一緒にお風呂に入って、一緒に寝ました・・・21時でした(笑)

今回、まろさんは大活躍で本当に頭が下がります。この場をかりて、本当にありがとう。まろさんが応援してくれるから、私は皆さんと会うことに全エネルギーを注ぐことができたのです。

山の湯オフに参加した皆さん、本当にありがとうございました。

またお会いしましょう♪次もあるよ!(笑)

2007年5月 7日 (月)

Kids' Night In

Jaqcueline Wilsonの本をネット検索していて、この本"Kids' Night In"に偶然たどり着きました。

29人の作家が短編を寄せて1冊の本になっています。

9・11をきっかけに有名人が多数執筆するチャリティ本を出そうという企画から生まれた本です。1冊につき1ポンドがチャリティに寄付されるそうです。

Jaqcuelineのほかにも、Darren ShanやGarth Nixといった有名な児童書作家が短編を寄せています。

29人もの作家の文章を一度に読むと、自分の好みが少しだけわかります。

読みやすさも、わかりやすさも、伝わりやすさも、29通りでした。

Kidsnightin

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

みぃみぃのつぶやき

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。