2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月27日 (木)

読みやすさ、読みにくさ

Wedding Planner's Daughter, Theという本を読みました。YLは多分5・・・

でも、他のYL5の本より何となく読みにくかった・・・

内容は面白かったです。最後、うるっときましたよ。

2007年9月24日 (月)

久しぶりに10万語超の1冊(笑)

Memory Keeper's Daughter, The、読み終わりました。

久しぶりにYL高め、語数多め(13万語)の本を集中して読みました。

この本、作者のKim Edwardsにとってはデビュー作のようですね。それにしても推薦文によく見る作家さんの名前がずらり。

中でも以前My Sister's Keeperを読んだJodi Picoultの名前を発見した時は、久しぶりに友人に会ったような懐かしさを感じました。

1冊に25年の時間が詰まっています。それでもゆったりと自然な時間が流れているように感じながら読みました。

Memory_keepers_daughter

2007年9月18日 (火)

ようやく秋かな・・・

多分今日も30℃は超えたと思います。日中はかなり暑かったです。

でも、夕方になると風もひんやりしてきて、窓を開けたままにしておくと夜は肌寒く感じます。そろそろお彼岸ですし、さすがに秋の気配ですね。

通勤途中の田んぼでも、すでに稲刈りが終わっているところがあったり、今まさに稲刈りの真っ最中だったり、秋を感じます。

で、読書の秋ですね。そして食欲の秋。私の場合、スポーツの秋はありません(笑)

2007年9月 6日 (木)

台風だぁっ!

台風が接近しているようです。風が強くなってきました。

今夜から明日の朝にかけて、雨も風も強くなるようです。

今朝のニュースでは、大きな被害がでそうなこと言ってましたが、何もないといいな。

2007年9月 5日 (水)

一流を目指す少女達

ちょっと更新をサボってしまいました(笑)

その間に、Royal Ballet School Diaries, Theの#4~#6を読み終わりました。

Royal Ballet School, Theで寮生活を送りながらバレエを習っている少女達は、プリマドンナを目指して練習に明け暮れています。

もちろん学校ですから、バレエ以外の授業もあり、テストもあります。加えて、バレエのテストもあります。

学校の行事で踊るチャンスがあれば、選ばれるように必死に練習します。

親の期待、先生の期待に応え、自分の限界に挑戦して成長していきます。もちろん挫折や迷いもあります。

11歳で一流を目指して自分の信じた道を進んでいく。彼女達はとても強いです。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

みぃみぃのつぶやき

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。