2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« The Case of the Lost Boy - Buddy Files Book 1 -、読み終わりました。 | トップページ | Buddy Files Book 2 The Case of the Mixed-up Mutts 読了しました。 »

2011年7月21日 (木)

こまろのためにできること、親として。

今年の1月から契約社員としてフルタイムで働いていたのですが、事情があって契約の期限が切れるのを機会に、辞める事になりました。
そんなわけで、また無職です(苦笑)

やっぱり小学生のこどもがいて、近くにあずかってもらう人がない状態で仕事をするのは大変です。こまろは体も丈夫でしっかりしてますが、それでも病気や怪我はするし、ひとりでは病院に行くこともままならないし、まだ自分の面倒を100%自分で見られる状態ではない。

夫婦どちらかが対応できるようにしておかないと、やはり不安なんですよね。

今まではまろさんが対応してくれていたのですが、仕事の環境が変わって不可能になったたため、私が対応できるような仕事に変わることになりました。

というわけで、すこし休んで充電し、また仕事を探す事になりました。条件に合う仕事がすぐに見つかるかどうかはわかりませんが、頑張って探したいと思います。

こまろがもう少し大きくなったらまたフルタイムで働けるようになるかな。

と期待しつつ、また頑張ります♪

« The Case of the Lost Boy - Buddy Files Book 1 -、読み終わりました。 | トップページ | Buddy Files Book 2 The Case of the Mixed-up Mutts 読了しました。 »

コメント

とみちゃんさん、コメントありがとうございます。
私も頑張って仕事探します。お互いがんばりましょう♪

私もまだ無職です。
就職はなかなか厳しいけれど、
みぃみぃさんならぜったい良いところが見つかります。

それまで、しっかり充電して下さいね。
こまろちゃんとの時間も楽しんでね。

フタバさん、せんせぃ、コメントありがとうございます。

>フタバさん
各務原ではお会いできて嬉しかったです。もっといっぱいお話したかったなぁ。
お互いのんきに多読を楽しみましょうね。またお会いできるかな。
リンクの件、了解です。これからもよろしくお願いします。

>せんせぃ
こまろの登校時間は変わらないので、起床時間は変わらないですよ(笑)
また働く場所が見つかれば働くつもりです。
でも、ちょっと休みたかったりもする・・・(笑)

そうですか、しばらく仕事から離れるのですね。それはそれできっと実り多い生活になることでしょう。楽しみですね!

(でも朝早いのはおなじだよね?)

こんにちは。

各務ヶ原でご一緒させて頂いた
フタバです。

ツイッターでブログのリンクをみて
遊びにきました。

私も娘(小5)との兼ね合いで
現在休職中です。
自分も持病があるので
なかなか復帰できないのですが
そのうちどうにかなるだろうと
のんきに多読を楽しんでいます。

私のブログにリンク張らせて
もらいました。
事後報告ですいません。
問題あったらご一方くださいませ。

ではでは、また遊びにきます☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Case of the Lost Boy - Buddy Files Book 1 -、読み終わりました。 | トップページ | Buddy Files Book 2 The Case of the Mixed-up Mutts 読了しました。 »

本の虫

  • Jeffery Deaver: The Cutting Edge (A Lincoln Rhyme Novel)

    Jeffery Deaver: The Cutting Edge (A Lincoln Rhyme Novel)
    ある日、婚約したカップルが宝石店を訪れたところ店が強盗らしき人物に襲われるという事件が発生する。 その事件を発端に、宝石にかかわる事件が続けて発生する。Rhyme率いる捜査チームは、犯人を捜して捜査を開始するが、まったく先が見えない。 犯人の目的は?次々と起こる事件はそれぞれ別の事件なのかそれともすべてつながっているのか・・・。

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。