2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月17日 (木)

Chet GeckoとMysterious Benedict Society

Chet Geckoシリーズの第5巻、The Hamster of the BaskervillesとMysterious Benedict Societyシリーズの第3巻、The Mysterious Benedict Society and the Prisoner's Dilemmaをほぼ同時に読み終わりました。

Mysterious Benedict Societyは通勤の車のなかでオーディオブックを聞きながら、あとで本で内容を確認したり、聞き読みしたりでの読了です。
Chet Geckoは本のみ。

で、今朝、通勤途中にMysterious Benedict Societyを聞き終わって、仕事が始まる前の時間にChet Geckoの残りを読んで、もう一冊持っていた図書館でかりたGRを昼休みにお弁当を食べながら読んでいたら、読むものがなくなりました(笑)

仕方がないので食後の散歩してました。

そんなわけで、次は何を読もうかと模索中です。

通勤時のオーディオブックは、Sophie KinsellaのTwenties Girlに決めました。本はまだ決まってませんが、Alice McKinleyシリーズの未読を2冊買ってあるのでそれを読もうかな。

読みたい本がいっぱいあって、迷うんですよ。それもまた楽しい、読書の秋です。

2011年11月 3日 (木)

最近のこまろは、多話にはまっています。

インターネットで偶然見つけたオンライン英会話スクール。調べてみると、最近結構スカイプ英会話の学校って増えているんですね。

で、こまろが興味を持ったのが、こちらの英会話スクール。

100円英会話のパロッツ君 http://www.eikaiwa-100.com/

10月半ばに入会して、エレクトーンのレッスンがある日以外はほぼ毎日1時間ずつ、フィリピン在住の先生にレッスンしてもらっています。

日本語ができる先生なので、いつもとても楽しそう。側にいる私には先生の声は聞こえていませんが、歌を習ったり、基本的な会話を習ったりしているようです。

多読の方は、Rainbow Magicシリーズを気が向いた時にぼちぼち読む感じ。今は図書館でかりてきた「タンタンの冒険シリーズ」を夢中で読んでいるので、英語の本までは手が回ってない感じ。でも、読みたい本があるっていいですよね。

この間、英語の先生がこまろのクラスに来て授業をしてくれたそうです。

「英語を習っている人は?」と聞かれて、自分は英語を習ってない(多読=英語をならっている、とは思ってない)ので手を挙げなかったら、クラスに英語を習っている子が3人しかいなかったそう。意外に少ないのね。

で、先生の言っていることがある程度理解できて受け答えができたので、先生に英語学習について確認されたそう。
それで、「家に英語の本がいっぱいあって、それをてきとーに読んでいる」と答えたら(英語の先生は日本語も含めて数ヶ国語ができる人だったそうです)、感心されたそうです。

ま、これからも英語とは居心地のいい距離でいて欲しいですね。

いろいろ楽しめる環境にあるって、いいですね。

Chet Gecko Book 4 The Big Nap 読み終わりました。

多読フォーラムに「はじめまして」の投稿をしたら、某せんせぃから(笑)宿題が出まして、多読歴を投稿してきました。

2004年6月に多読を始めて、この本で2700万語通過になりました。めでたい♪

2600万語から2700万語の間に読んだ本は21冊なので、全部で1439冊読んだことになります。いやぁ、すごい。(自分で言ってど~する・笑)

最近は、レベルとか意識しないで読みたい本を読みたいように読んでいるので、結構レベルもまちまちだったりします。
でも、振り返ってみると確実に読めるようになっているんですよね。最初の頃はYL3の児童書でもキリン(背伸び)だと感じることもあったのが、今は読みたいと思えば一般向けのミステリのPBでも普通に読んでるわけですからね。

ここのところオーディオブックも結構聞いています。寒くなってきて、通勤の車の窓を閉めるようになったので、朝は車でオーディオブックです。(帰りは暖かかったりするので音楽聞いてます)
あとは家で紙の本とか、Kindle for PCとか・・・

あ、Kindle欲しいな(笑)

相変わらず多読ライフを満喫している私ですが、これからも引き続きよろしくお願いします。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

みぃみぃのつぶやき

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。