2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

Angels at Christmas by Debbie Macomber 読了してました(笑)

今年のクリスマス本で、12月半ば頃にオーディオブックで聴きました。

3人のAngelsが、クリスマス前に地上に降り立ち、皆の願いをかなえるお話が2つ入っています。

ひとつ目は、恋人を実の父親にとられ、人間不信に陥っているRoyと夫を息子の恋人にとれれたRoyの母親Anne。そして、Royの前に突然現れた体育教師Julieの物語。

ふたつ目は、心臓の病気で年を越せそうもないので、自分の死後年老いた妻が生活できるように施設への入居をすすめたい男性の話。そして、クリスマスにどうしても犬を飼いたい少年の話。そして離婚から立ち直れないため次の恋愛に進めない女性の話。この3つが並行して進むストーリーです。

どれも最後は感動的です。

2011年12月25日 (日)

今日の絵本 Froggy's Best Christmas

クリスマス絵本1日1冊も今日で最終日になりました。

今日はこまろの一番大好きなFroggyのクリスマス本です。

いままでクリスマスは冬眠していたFroggy。でもともだちのMaxが起こしに来てくれて、Froggyは初めてのクリスマスをともだちとすごすことができました。

Froggyにとって、忘れられない1日になったようです。

みんなにMerry Christmas!

2011年12月24日 (土)

今日の絵本 The Night Before Christmas

定番中の定番ですね(笑)

今日は私が選びました。

2011年12月23日 (金)

今日の絵本 Russell's Christmas Magic

今日の絵本はRussellです。大好き♪ほのぼのします。

2011年12月22日 (木)

今日の絵本 Merry Christmas Grumpy Bunny

クリスマスが楽しくないHopper。

でも、大好きなLilacから、ショッピングモールでサンタになってこどもたちと過ごして欲しいとお願いされて、嫌と言えずに朝からショッピングモールへ。

こどもたちに喜ばれたり、いたずらされたり、決していいことばかりの1日ではなかったけど、Hopperにとっては素敵な時間になりました。

そして、疲れて家に帰ったHopperを待っていた素敵なできごととは?

2011年12月21日 (水)

今日の絵本 Snowmen At Christmas

クリスマスイブに男の子がSnowmanを作りました。

そのSnowmanを見ながら、男の子は思います。
「Snowmenってクリスマスのお祝いってするのかなぁ・・・」

「ひょっとしてぼくが眠っている間にこっそり庭から抜け出して、家族とクリスマスを過ごしたりするのかなぁ・・・」

さぁ、どうなんでしょうね。この本を読めばわかります。

2011年12月20日 (火)

今日の絵本 Christmas Adventure

Oxfor Reading Tree (ORT) Stage 6の1冊です。

12月号の多聴多読マガジンにも載りました。

2011年12月19日 (月)

今日の絵本 If You Take a Mouse to the Movies

このIf you ... シリーズもこまろの好きな絵本です。

ねずみさんを映画に連れて行ったら、何がおこるのでしょうか。話のつながりがとっても面白いです。イラストも可愛い♪

2011年12月18日 (日)

今日の絵本 The Very Snowy Christmas

Amazonのリンクの本にはCDがついてますが、私が持っているのは本のみです。

CDつき、欲しいなぁ(笑)

大きなねずみと小さなねずみがクリスマスの用意をしています。
部屋に飾るひいらぎの葉っぱを取りわすれたので、ちいさなねずみひとりでひいらぎの葉を取りに行きます。
途中で雪が降ってきて、大冒険になってしまいますが、ちいさなねずみはひいらぎの葉を持ち帰れるのでしょうか。

2011年12月17日 (土)

今日の絵本 Bear Stays Up for Christmas

クリスマスの時期って、くまくんにとっては冬眠の時期。

でも、お友達がやってきて一緒にクリスマスを過ごしたいと言ったから、くまくんの冬眠はおあずけです。

なんともほのぼの、かわいい絵本です。

2011年12月16日 (金)

今日の絵本 What Santa Can't Do

この本もずいぶん前に買ったので、もう入手が困難みたいですね。

普通の人にはできるけど、サンタさんにはできないことがたくさんあるようです。

ヒゲを剃っちゃったら誰だかわかんなくなっちゃう、なんて・・・思わず笑ってしまいます。

サンタさんもなかなか大変なお仕事みたいですね。

2011年12月15日 (木)

今日の絵本 Christmas Mice

昨日はChristmas Catで、今日はChristmas Miceです(笑)

4匹のねずみさんたちが、クリスマスの準備をしています。部屋を飾りつけ、リースをかけて、プレゼントを用意して、クッキーを焼いて・・・。

とっても、とっても楽しそう。

そして思いがけず届いたプレゼントは・・・

2011年12月14日 (水)

今日の絵本 Christmas Cats

Christmas Catsが、クリスマスの準備をするお話です。
プレンとを手作りしたり、クッキーを焼いたり。子猫たちもSanta Catが待ち遠しいようです。

猫のイラストが可愛いです。

2011年12月13日 (火)

今日の絵本、Merry Christmas, from Biscuit

Amazon.co.jpで検索したら、もう普通には買えなくなっているみたいですね。

こまろは、Biscuitのシリーズが大好きです。この本があったから読むことに興味を持ったんだろうなと思うくらい、何度も、何度も読んでいます。

特に、Woof, woof!が大好き。可愛いBiscuitの真似をして読んでいます。

久しぶりにBiscuitを見て、懐かしいと思ったのか、今日はこの本を選んで来ました。

2011年12月12日 (月)

今日の絵本 The Snow Bear

今日、こまろが選んだ本は、The Snow Bearです。
クリスマスの本ではないですが、冬の本です。

イラストがとってもきれいで可愛いですよね。

絵本って、やっぱりいいなぁ。

2011年12月11日 (日)

クリスマスまで、1日絵本1冊。今日の絵本は、"Who Will Guide My Sleigh Tonight?"

ふと思いつきでこまろに提案したら、こまろが乗ってくれました。

「クリスマスまで、1日1冊クリスマス関係の絵本を読もう!!」

で、こまろに、「どれか持ってきて~」と言ったら、この本を持ってきました。

サンタクロースがクリスマスプレゼントを運ぶそりを誰にひいてもらうか、と選んでいる本です。

いろいろ試しています。そして、いろいろなことが起こります。

思わずクスクス笑いがもれる本です。私も大好きです。

Intensely Alice - Alice McKinley 21、読了しました。

Aliceは、17歳になりました。小さい頃に母親を病気で亡くし、お母さんが欲しくて頑張っていた、そんな無邪気なAliceも17歳。友達も恋も進路も、アルバイトも何もかも、いろいろ悩めるお年頃です。

でも、やっぱりAliceには大親友のPam、Liz、Gwenがいます。幼なじみの皆も、お兄ちゃんのLesterもいます。

今回、Aliceや幼なじみの友達にとってとても悲しいことが起こってしまいますが、それをきっかけにまたみんなのこころがひとつになっていく、そんな巻でした。

Sophie KinsellaのTwenties Girl、読み終わりました。

Sophie Kinsella名義で出版されている本は、これで全部読んだ事になるかな?

Twenties Girl、audibleの音源で聴きました。本ナシです。

とにかく、面白かったです。105歳で亡くなった大叔母Sadieが、幽霊になって現れるという設定もおもしろいですし、Sadieが「それをつけるとなんとなく特別な気持ちになるから」というなんとも曖昧な理由でLaraにネックレスを執拗に探させるというのも面白かったです。

でも、Sadieのネックレスにまつわるストーリーや、Laraの身の回りで起こるさまざまな事件に、一緒にドキドキしたり笑ったり、時にはほろっとしたり。

最後はとても幸せな気持ちになる、そんなストーリーでした。

Shopaholicは読めるけどストーリーが苦手、という方には、この本はオススメ・・・かも?

A to Z Mysteries Super Edition 5: The New Year Dragon Dilemma 読了しました。

大好きなRon RoyのA to Z MysteriesのSuper Edition。いつも予約しておいて買うのですが、毎回、届いた本をいつ読むかで悩みます。

すぐに読み終わってしまうのももったいないけど、早く読みたいし・・・

で、結局ガマンできずに読み始め、あっという間に読み終わる、というのがいつものパターンです(笑)

今回は、サンフランシスコが舞台。チャイナタウンの旧正月の行事について書かれています。
以前、夫のまろさんが中国の旧正月の時期にマレーシアに出張に行っていたことがあって、話を聞いたことがありました。

日本のお正月もとても特別な気持ちですが、中国の旧正月の行事もにぎやかそうですね。

一度味わってみたいものだ・・・

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

みぃみぃのつぶやき

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。