2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

When You Reach Me by Rebecca Stead 聴き読み終わりました

週末名古屋オフに参加して、帰りの高速バスの車内で、Kindle for iPad+audibleで聴き読み終わりました。

名古屋在住タドキスト、某(?)AMINOさんが最近Newberry賞関連の本を読んでいて、この本もAMINOさんのオススメです。

と言いながら、実は私もどこかで書評を見たかして、Amazonのウィッシュリストに入れてましたね。何か賞を取った本って、多読仲間では話題になることが多いですから。

で、AMINOさんがこの本を紹介してくれる時に、「SFだよ」と言っていたのですが、最初のうち、というか最後まで、この本がSFだとは全く思いませんでした。SFだと聞いていてもそうですから、知らずに読んだら最後でびっくりかも・・・。

でも、ちゃんとSFなんですよね、不思議。

2012年1月26日 (木)

I Am the Messenger、聞き読み終わりました。

audibleの音源を使って聞き読みしたのですが、最初、朗読の人の発音にちょっと違和感があって聞きづらかったです。でも、すこし聞いていると慣れて大丈夫でした。

Ed Kennedyという10代のタクシードラーバーの元に、トランプにメッセージが書かれたカードが何者かによって届けられ、そこに書かれた場所や人の元に行くと、その人はEdの助けを求めていて、Edはその人のために、精一杯できることをして救ってあげる、という話で、カードの送り主は最後まで謎です。

Edは、3人の親友がいて、2人は男性でもうひとりは女性です。この女性AudreyのことをEdは好きなんですがAudreyはEdの気持ちを受け入れてくれません。その理由が、また切ない・・・。

作者のMarkus Zusakは、以前読んで大好きなThe Book Thiefを書いた人です。どちらもすこし現実離れした不思議な雰囲気。どちらかというとカラーというよりはモノクロの風景が似合いそうな、そんなストーリーです。

2012年1月11日 (水)

A Turn in the Road by Debbie Macomber 聞き終わりましたぁ♪

Debbie MacomberのBlossom Streetシリーズの最新作。今回初めて本なし、オーディオブックのみに挑戦してみました。

とは言っても、今年のクリスマス本もDebbie Macomberでオーディオブックのみだったので、大した差はないのですが・・・。

今回はBlossom Streetを離れてフロリダへ向う旅です。なので、途中色々な場所に寄ったりするのですね。ラスベガスにも行ったりして・・・。
その旅の中で主人公のBethanneは、別れた夫との復縁について悩み、元義母のRuthは昔の恋愛に悩み、Bethanneの娘Annieは突然友達とヨーロッパ旅行に行った恋人について悩み、三人の女性がそれぞれの悩みをじっくり考える時間が持てる、というお話です。

それから、旅先でバイクに乗る男性MaxとBethanneとの出会いも。

これでBlossom Streetもオーディオブックで楽しめることがわかったので、また別の作品にも挑戦してみようかな。

2012年1月 4日 (水)

Alice in Charge - Alice McKinley Book 22 -読了しました。

Aliceの高校生活もあと1年になりました。そろそろ進路のことも真剣に考えなければならないし、高校生活最後の1年も楽しみたいし、Aliceもそんなお年頃です。

Lesterが大学を卒業して、今度はAliceが大学へ。

次はどんなお話になるのか、楽しみです。

2012年1月 3日 (火)

MARUZEN(丸善)松本店、オープンしました♪

松本駅前に、MARUZEN(丸善)松本店がオープンしました。
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-maruzen_matsumoto.html

あ、すみません、昨年2011年12月23日の話です(苦笑)

場所は、松本駅前のコングロMというビルなんですが、もっとわかりやすく言うと、旧ベルモール25(井上百貨店別館)です。

地下1階~地上2階までが書店になっています。

洋書売場は、地下1階にあります。ちなみに、ORTや児童書リーダーもあります。松本市内でORTや児童書リーダーが置いてある書店って、おそらくココだけです。
ORTが「買える」書店は市内にありますが、カタログでお取り寄せなので。

もちろんGRもたくさんあります。9-12歳くらいの児童書PBもあります。英訳MANGAもたくさん置いてあります。一般向けのPBもかなりの数あります。

松本市は、正直多読を実践する上であまり環境が整っているとは思っていなかったのですが、MARUZEN(丸善)松本店の開店で、洋書に興味を持ってくれる人、絵本に興味を持ってくれる人が増えるんじゃないかと、かなり期待しています。

面白そうなミステリがあったので、年末に1冊購入しました。

これからも頻繁に足を運んで、いろいろ情報を仕入れていきたいと思います。

あ、もちろん、和書の品揃えもすごいですよ。なんてったって売り場面積県内1位ですから。さらに、1階の文具売場の筆記用具のディスプレイは圧巻ですし、グリーティングカードの種類も豊富。私は文房具も大好きなのでわくわくしました。

和書に関しては、お隣のArio松本店(旧エスパ松本店)に「宮脇書店」が入ったので、こちらも注目。

Arioには、Loft(ロフト)も入ってこちらもなかなか楽しいです。

松本駅周辺に遊びに行く機会が増えそうです。

2012年、新しい年のスタートです。

2012年がスタートしました。

新しい年がスタートしたからと言って、特別何事もない毎日です(笑)

冬休みなので、こまろが家にいて、やれ「宿題はやったの?」だの、「エレクトーンの練習やりなさい!」だの、相変わらず口うるさい母親で(苦笑)
こまろが冬休み帳(宿題帳)の「めあて(目標)」の欄に、「英語の本を1日1冊読む」と「エレクトーンの練習を毎日する」と「お手伝いを毎日する」と書き、自分で、「私って、長い休みの時はいつもおなじめあてだね~」とつっこんでいましたが、自分から多読とエレクトーンをあげてくれる辺りは、じわじわと浸透してきてるのかも、と嬉しく思いました。

年末年始は面白そうなテレビ番組があったり、好きな番組の特別版が放送されたり、ついついテレビをみてしまいダラダラ過ごしてしまいます。

それでも合間を見ては図書館からかりてきたGRを読んだり、Alice McKinleyのPBを読んだり、少しはオーディオブックも聴いたりしています。

2012年に向けて、目標とかそういった壮大なものは全く考えていません。家族が健康で、元気に過ごせれば変わらず幸せですから。

でも、わくわくするようなことが待っているのも事実です。

2012年も、変わらず行き届かない妻で、口うるさい母で、トンチンカンなパートさんで、このまま突撃していくと思います(笑)

皆さん、温かく見守って下さい。そして、仲良くして下さいね。

みぃみぃでした。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

みぃみぃのつぶやき

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。