2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月25日 (月)

多読で語彙は増えるのか・・・ #tadoku

多読を始めて8年になりました。多読に関するサイトやオフ会、講演会などで、「多読で語彙は増えるのか?」とか、「多読では語彙は増えない」というのをよく聞きます。
私は、多読を始める前に10年以上英語を勉強していました。ほぼ独学で、英語学習雑誌、通信教育、英字新聞など、英語学習としてはかなり普通の勉強をしていたと思います。
特に、アルクのボキャビルマラソンは語彙力増強という意味では興味深かったです。
この講座の受験後、英会話学校の先生数人から「いろんな単語を知ってる」と言われたので。

でも、実は私の続けていたわりと普通の学習法には、日本だけに住んでほぼ独学で勉強している人に特徴的な大きな「穴」がありました。
それは、「ある程度大人が普段見聞きする語彙はこの学習法でかなり習得できるけれど、本来英語圏に住む人たちがこどもの頃から見聞きして、大人になるまでに身についているはずの語彙がごっそり抜けている」ということです。
私はそれを、育児に専念している間に気づきました。それはかなりおどろきでした。

こどもが生まれて周囲からこどもの様子を聞かれる機会が増えました。寝る時間のこと、お昼寝のこと、母乳のこと、離乳食のこと・・・。それまでこどもを産んだことがなく、周囲にちいさいこどもがいない環境の私でも日本語ではちゃんと説明できます。当たり前?
でも、これを英語でとなるとさっぱりわからない。単語が出てきません。質問が理解できないこともありました。母乳、おむつ、だっこ、添い寝、ミルク(粉ミルク)・・・え?何て言えばいいの?とても困りました。

過去に経験がないことでも、日本語でならどこかで見聞きして知っていることが、英語になるとさっぱり・・・不思議な体験でした。

その後、娘が3歳になった直後から多読を始めて、児童書をたくさん読むうちにここらへんの語彙がだんだんと埋まって行きました。アメリカやイギリスで生活するこどもたちの日常生活や学校生活について、そのすべてではないですが一部を知ることができました。
こどもたちの動作、遊び、食生活、そういったものを読むうちにそれまで知らなかった語彙もわかるようになりました。

すると、一般向けの小説を読むのも楽になってきました。日常の動作や毎日使うものの名前などは児童書もヤングアダルトも一般向けもそれほど変わらないですから。

今でも本を読んでいると未知の言葉に当たります。児童書も小学生くらいから読む本だとまだまだ知らない語彙が出てきます。でも、確実に減っています。

語彙が増えるということの定義をどう捉えるかによると思うのですが、私は多読で語彙は増えると思います。というより、生活で必要な語彙は多読で吸収するのが、日本語-英語の対応で覚えるよりも効率がいい(定着もいい)と思います。

大人にとって児童書って、「いまさらこどもの本でもないだろう・・・」と思われるかもしれませんが、多読で英語をと思ったらやっぱり必要だと思っているんですよね。好みの問題なので、なんとも言えませんが・・・。

ちなみに、今働いている児童英語教室で使われている小学生向けのスペリング教材(フラッシュカード)がとっても楽しそうなので私も個人的に購入してみました。
こまろが最近書くことに興味を持つようになって、数字や月、曜日の名前などを書けるようになりたいと言うので見せてみたら、絵に対応する言葉がすらすら出てきます。
3~4文字の単語ならスペルもそこそこできてます。
今まで全然やったことなかったんですけど、これにはちょっとおどろきました。

但し、ちょとしたゲームみたいなものなのですぐ飽きちゃうかも(笑)

2012年6月22日 (金)

やっぱりtadokuはキケンだ・・・(笑) #tadoku

先週、各務原市での酒井先生の講演会に参加していた時、各務原市立中央図書館の多読書籍の蔵書をたくさん(といってもごく一部なのですが)見させていただきました。

で、その中に、どうにも楽しそうな本があったので購入しました。
My Parents Think I'm Sleeping

さらに、酒井先生がこの本を紹介した瞬間、前の席に座っていたこまろがおもむろに振り向いて、口の動きだけで「買って!、読みたい!、買って!」と猛アピール。
Elephant & Piggieシリーズ、2冊。

というわけで、買ってみました3冊とも(爆)

Books

地方に住んでいると、なかなか周囲に多読を実践している人っていないのですが、今はSkypeという便利な(便利な?)ツールがありまして、「スカイプおしゃべり会」という素敵な(素敵な?)会を通じて、家にいながらにして全国ばかりでなく世界に住んでいる多読実践者の皆さんと情報交換することができます。

が・・・

まぁ、参加者の皆さんがいろんな本を発掘して薦めてくれるので大変です。

しかも、読んで感想を語り合うネタバレオフ会とやらに参加しようと思ったら、当然本を読むことが条件なわけなんですよね。読んだ本についていろいろ話ができるのは楽しいですから、どうしても参加したいわけですよ・・・

ってなわけで・・・

結局本を買う羽目になるわけですな、これが・・・。

今、Alice McKinleyシリーズのIncredibly Aliceを読んでいて(これは自分の趣味)、KindleにはO*lyさんおすすめのMoon Over Manifestと、O**yuさんおすすめのTango: The Tale of an Island Dogがダウンロードしてあって、ほかにもTheodore Booneの新作がKindleに入ってて(自分の趣味)ほかにも、Deaverの新作とか、Cornwellとか、もう読みたい本がいっぱいで~。読みたくてもまだ買ってないのもあるし・・・。

さらに、ネタバレオフ会に向けて、過去に読んだ本を再読しようとかしてたら、もう時間がいくらあっても足りないわけで・・・。

本当にtadokuってキケンだよな~、とおもう今日この頃(笑)

2012年6月20日 (水)

When First They Met - Short Story - by Debbie Macomber #tadoku

Debbie Macomberさんの作品は、本当にたくさん出版されているのですが、残念ながら私はBlossom Street シリーズと、Angelsシリーズ数冊と、クリスマスストーリー数冊しか読んでいないんです。でも、Blossom Street シリーズは本当に大好きで今のところ多分全作読んでいます。

ちょうど年代的にも主人公の女性たちと同じくらいで、身の回りに起こる出来事もなんだか他人事じゃない感じで、ものすごく共感できるのが大好きな理由です。

で、FacebookでDebbie Macomberさんのページをlike!(いいね)していたら、夏に出版される新シリーズの予告編というか、ストーリーの第1章プラスそこに至るまでのお話(特別編)の短編を電子書籍で、しかも$0.99で読めると書いてあったので、さっそくAmazon.comでKindle版を購入して読んでみました。

夏に発売される本のタイトルは、The Inn at Rose Harborで、出版は2012年8月14日。

主人公はJo Marieという女性で、Ceder CoveにあるB&B (Bed and Breakfast)を買い取りそこを経営することになりました。
実は彼女は夫を亡くしていて、そこから新しい生活を始めようとしていたのです。

で、私が読んだ短編小説When First They Metには、Jo Marieが夫Paulと出会い、結婚するまでが描かれています。

新しい本もシリーズになるのかな?今度はどんな出会いがあるのかな~。楽しみです。

2012年6月18日 (月)

多読と児童英語 #tadoku

6月16日(土)に岐阜の各務原市立中央図書館で行われた酒井先生の講演会に参加してきました。
久しぶりに会う東海地方の多読仲間たちとランチして、本の話などいろいろ楽しい時間を過ごしてきました。

今回、酒井先生が講演の中で、「多読と児童英語」についてお話されたのがとても印象に残っていたのでそれについて少し。

酒井先生が、「こどもたちは、自分が親に気に入られないと生活していけないということと、ずっと親がかりでは逆にこの先を生きていけない、ということがわかっていて、常にこの二つの間で大きく揺れている」ということをおっしゃっていました。

私を育ててくれた祖母は、「親の言うことをずっと素直に聞いていたら、こどもは親までにしかならない。だからこどもは反発して、親より上を目指していくん だろう。」と言ってました。中学生になって(祖母は私が中三の冬に亡くなりました)、頻繁に口答えをしたり反発したりしていた頃に言われたことです。

親の指示に従うことによって命の危険を避ける、親の期待に応えることで自分の欲しいものを手に入れる(ご褒美なども含めて)、ということと、親の意見に逆らってでも自分の求めるものを追求する、多少の危険を伴うものでも挑戦していく、そしてそこから成長していく、ということなのでしょうか。

だからこどもに習い事をさせるのは難しいんです。親の期待に応えようと、本当は本人が望んでいないことを一生懸命やっている可能性があるから。そして、それはとっても見極めることが難しいから。こども本人ですら気づいていないことがあるから。
親ってのはこれまた面倒な仕事です。

児童英語の講師をしていて時々、「自分が英語で苦労した(又はしている)から、こどもに同じ苦労をさせたくない」という理由でお子さんに英語を習わせようとする方がいらっしゃいます。
これも親心です、否定はしません。でも、こどもさんはのんびり遊ばせておいて、自分の英語力を何とかする方向に行ったほうが現実的かな~と思ったりもします。実は。

小さいうちは時間もあるし、いろんな経験をするのはいいことだと思います。今はいろんな習い事があるし。どれが向いているかって、なかなかわからないですからね。

でも、あるタイミングでこどもの様子を見て、「すぱっとやめる勇気」っていうのも必要だと思います。習い事ばかりで遊ぶ時間もないとか、親が送迎に時間を取られて大変だとか、どこかに不都合が生じたら、どんどん見直していかないとそのうち大きな歪みになるような気がするんです。
「小さい頃からやっておいたほうがいい」って確かにそうかもしれませんが、そうじゃないかもしれないですから。

2012年6月11日 (月)

多読8周年と2,900万語通過(喜) #tadoku

6月9日に多読8周年を迎えました。そして今日、Spying in High Heelsの読了で2,900万語通過しました。

ここのところ主に花粉症が原因で、あまり本が読めていません。あとは、近くに新しい市立図書館がオープンしたので和書も以前よりたくさん読んでいて、洋書まで手が回ってなかったりします。全部言い訳ですけど(笑)

花粉症の症状も落ち着いてきたし、これから雨の季節でもあるので、たくさん本が読めるようになるかな?

ま、慌てずぼちぼち行きます。

Spying in High Heels読了しました。 #tadoku

Amazon Kidleのセールで、なんと、$0で入手しました。Spying in High Heels by Gemma Halliday。

ミステリでもあり、ロマンスの要素もあり、家族や友達のドタバタもあり。いろいろアリアリの面白い展開で楽しく最後まで読めました。

これ、続編もあるんですね。結構気楽に読めるので、続編も読んでみたいです。

今、一般向けのミステリで読みたい本が何冊か溜まっています。花粉症(?)の症状もだいぶ落ち着いてきたので、冷たい麦茶でも飲みながら読書を楽しみたいと思います。

2012年6月 6日 (水)

Number the Stars by Lois Lowry、読了しました。 #tadoku

木曜スカイプおしゃべり会で話題になり、かなり有名な作品なのに読んでいないということが発覚し、ネタバレもやりたいな~なんて話から急遽読みました。

音源を手に入れて、さて本と思ったらKindleになく、紙の本を注文したら2週間くらいかかるということで待っていたのですが、皆の話を聞いていたら音だけで行けそうな気がしてきたので思い切って通勤途中にオーディオブックを聞いてみました。

あらあら、読了です(笑)

あと2章のところで紙の本、到着しました。残念。

内容的には重いですが、子どもたちの生きる力強さに勇気をもらえました。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。