2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 多読と児童英語 #tadoku | トップページ | やっぱりtadokuはキケンだ・・・(笑) #tadoku »

2012年6月20日 (水)

When First They Met - Short Story - by Debbie Macomber #tadoku

Debbie Macomberさんの作品は、本当にたくさん出版されているのですが、残念ながら私はBlossom Street シリーズと、Angelsシリーズ数冊と、クリスマスストーリー数冊しか読んでいないんです。でも、Blossom Street シリーズは本当に大好きで今のところ多分全作読んでいます。

ちょうど年代的にも主人公の女性たちと同じくらいで、身の回りに起こる出来事もなんだか他人事じゃない感じで、ものすごく共感できるのが大好きな理由です。

で、FacebookでDebbie Macomberさんのページをlike!(いいね)していたら、夏に出版される新シリーズの予告編というか、ストーリーの第1章プラスそこに至るまでのお話(特別編)の短編を電子書籍で、しかも$0.99で読めると書いてあったので、さっそくAmazon.comでKindle版を購入して読んでみました。

夏に発売される本のタイトルは、The Inn at Rose Harborで、出版は2012年8月14日。

主人公はJo Marieという女性で、Ceder CoveにあるB&B (Bed and Breakfast)を買い取りそこを経営することになりました。
実は彼女は夫を亡くしていて、そこから新しい生活を始めようとしていたのです。

で、私が読んだ短編小説When First They Metには、Jo Marieが夫Paulと出会い、結婚するまでが描かれています。

新しい本もシリーズになるのかな?今度はどんな出会いがあるのかな~。楽しみです。

« 多読と児童英語 #tadoku | トップページ | やっぱりtadokuはキケンだ・・・(笑) #tadoku »

コメント

わっ、Julieさん、コメントありがとうございます。ご無沙汰してます。
確かに、Debbie Macomberさんはどんどん新作が出ますよね(笑)なかなか追いつけません。
これはCeder Coveのスピンオフなんですね。Ceder Cove シリーズは読んでないので気づきませんでした。
Blossom Streetみたいな感じなんですね。興味深々。あ~読みたい本がまた増えた(笑)

みぃみぃさん、ご無沙汰してます!

Debbie Macomber さんは、こちらが読むより早く新刊が出るようで(笑)、追いかけきれずにいました。新刊の話題、ありがとうございます!

Ceder Cove シリーズのスピンオフみたいですね。Ceder Cove では、もう子供が大きくなってる状態なんですが、彼女と夫との出会いの話が読めるなんてうれしい~。といいつつ、Ceder Cove も全巻読んでるわけじゃないのですが(爆)。

もしまだでしたら、Thursday at Eight と Changing Habbits がよかったです。Bloosom Street のような人情ものでした。

ではでは Happy Reading ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多読と児童英語 #tadoku | トップページ | やっぱりtadokuはキケンだ・・・(笑) #tadoku »

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。