2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

久しぶりにブログ更新してみた。 #tadoku

 最近、図書館から手当たり次第に面白そうな和書(ヤングアダルト中心)をかりてきて読んでいるので、実は洋書の読書が気持ち停滞気味なみぃみぃですが・・・。

 先週、ある朝の情報番組で、「英語を話せるようになりたいか」というアンケートをやっていて、85%が「はい」と答えていた。
 へぇ・・・結構多いなぁと思って見てたけど、実際話せるようになるための行動をおこす人って、この中の何%くらいなんだろうね(笑)話せるようになりたいな~って思ってるだけで、話せるようになればいいのにねぇ・・・。

 英語が使えるようになりたいな~と思ってOxford Reading Treeから多読を始めたら、いつの間にかRainbow Magicが読めるようになって、Magic Tree Houseが読めるようになって、Harry Potterが読めるようになって、Twilight Sagaが読めるようになって、気づいたらペーパーバックが読めるようになってて、英語が楽に話せるようになってて、書けるようになってて、もちろん読めるようになってて、聴けるようにもなってた。
 でも、なによりも大きいのは、英語を使うということに抵抗感が無くなった。今持っているもので充分自分を伝えられるという自信が持てた。

 英語を使えるようになりたいと思ったら、やってみればいいのに、って本当に思うんだけどな。わかってくれる人は少ない・・・。

 何かやらなきゃ何も起きないなら、何か楽しくて、楽ちんなことをやるのがいいのにね。何で皆、面倒な道ばっかり選ぶかなぁ・・・(苦笑)

 学校で習ったことの延長線上で、単語を暗記したり、文法を勉強したり、英文和訳したり・・・自分もかつてはそういう勉強法を実践していましたよ。それで知識だけは確かに増えたけど、大して楽しくなかったし、英語が使えるという実感はまったく持てなかった。いったいどこまでやれば英語ができるようになるのか、さっぱりわからなかったし・・・。
 こんなに楽しくて、のんびりで、でも確実に昨日の自分より日々進歩できる素晴らしい方法があるのに、何でこっちに来ないかなぁ・・・。学校の英語なんて結局役に立たないって、皆わかってるはずなのになぁ・・・。

 いけね、何か愚痴みたいだ(笑)
 

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

みぃみぃのつぶやき

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。