2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月25日 (水)

11/22/63読んでます。現在18% #tadoku

とうとう読み始めました。2013年~2014年はこれ、スティーブン・キングの11/22/63。

Audibleの朗読音源を2倍速にして聴き読みしています。総録音時間、30時間44分ですからね、当分終わりません(苦笑)

病気のためダイナーを閉めることになったAlに呼び出された教師のJake。実はAlはダイナーに過去に戻るタイムトラベルの入り口を発見していて、自分はもう動けないから代わりに過去に行って歴史を変えてくれとJakeに頼みます。

変えて欲しい歴史とは、JFKの暗殺。それを止めて欲しいというのです。

半信半疑のJakeは、それ以上に止めたい過去の事件を止めに過去にタイムトラベルする、というところを今読んでいます。

英語はまったく難しく感じないです。むしろ内容に引き込まれてぐいぐい進む感じ。でも、1950年代にタイムスリップする話なので、その頃の有名人やJFKの暗殺に関わった人物の名前がたくさん出てきて、困っています。

とりあえず、読みながらメモして、あとでまとめて調べています。

JFKを暗殺したとされる人物、その人物がJFKの前に暗殺しようとした人物、暗殺者を殺害した人物。当時の有名な作家、歌手、俳優、ジャーナリスト・・・とにかく知らない人がいっぱい(苦笑)聞いたことのある人もいるんですけどね・・・。

こんな調子で読んでます。まだ読み始めたばっかりだもんね(笑)

2013年12月17日 (火)

Dust by Patricia Corwell 読了しました。 #tadoku

 「このミステリがすごい! 2014年版」で、邦訳を書店で見かけて、前からとーっても気になっていたスティーブン・キングの11/22/63が1位にランクインしていたので、そっちが読みたくなって、Audibleの朗読音源を倍速にして聴き読みしました(笑)

 前作のBone Bedからはだいぶ昔の雰囲気に戻ってきましたが、しばらくややこしい人間関係の描写が多い傾向だったので、この本も最初の数ページ読んだところで、「あら、またかい?」と思ったのですが、途中からがっつり捜査の描写中心になって楽しめました。

 今回は主に夫のBentonと姪のLucyとの捜査です。Marinoももちろん途中でぽつぽつ出てきます。

 このまま最初の頃に近い感じに戻りきってくれると、私的には嬉しいんですが・・・。どうかな~(苦笑)

2013年12月 2日 (月)

Wedding Night by Sophie Kinsella 読了しました。 #tadoku

今回もコメディ仕立てでしたね。Sophie Kinsella、結構好きですね。

すらすら軽く読めるし、笑えるし、でも時折うるっとさせるし。

妹のLottieが失恋の勢いで元カレと電撃結婚してしまったので、お姉ちゃんのFlissが、ホテルのレビュー雑誌のライターという地位を利用して、初夜を全力で阻止するという話なんですよ。まぁ、乱暴(笑)

ま、ラブコメ何で笑えます。Shopaholicとはまた違う感じですね。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。