2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • 学問・資格
  • 旅行・地域
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 書籍・雑誌
  • 育児
  • 趣味
無料ブログはココログ

« The Naughtiest Girl is a Monitor (Naughtiest Girl Book 3) 読了しました。 #tadoku | トップページ | The World According to Humphrey 読了しました。 #tadoku »

2014年12月 5日 (金)

久し振りのブログ更新~。近況など、ぼちぼちと。

Dean KoontzのOdd Interlude、Audible音源で聴了しました。Odd Interludeは短編集といういか、もともと3パートだったものを1冊にまとめた物みたいですね。
Oddが巻を重ねるごとにいろんな意味で強くなっていくんですが、強くなっていくとともに優しさも増していくという、なんというか、しなやかな強さを身につけていくところが気に入ってます。
とりあえず既刊はあと3冊かな。

それと、ブログの更新を忘れていただけなんですが、例の(例の?)Naughtiest Girlシリーズもちょこちょこ読んでいます。今、5巻目ですね。よくまぁこうも毎回毎回いろんな事件が起こるなー、と感心しながら読んでいます(笑)

さてさて、気づけば12月になっています。
今年は本当に洋書を読まない1年だったなーと実感しています。
理由は簡単!和書にはまっていたから(笑)
もともと大好きだった図書館通いですが(自転車でいけるので)、小路幸也さんの「東京バンドワゴン」シリーズにはまったのがきっかけで、あれこれとシリーズ本を渡り歩いています。
神永学さんの「天命探偵シリーズ」と「心霊探偵八雲シリーズ」、松岡圭祐さんの「万能鑑定士Qシリーズ」に今はどっぷりはまっています。
その他にも、和書の児童書で「IQ探偵ムー」とか「S力人情商店街」とか、もう推理物・探偵物を読みまくってます。
今年1年で150冊くらい読んでますね。洋書は20冊くらいなので、この差が・・・(笑)

まぁ、そんな年があってもいいんじゃないかと・・・。

そんなわけで、今年もたくさん読みましたっていうまとめですね。
来年はもうちょっと洋書の方にもアンテナを張って(今年は休みすぎました・笑)、またいろいろ読んで行きたいですね。
あと、今年はあまり積極的でなかった多読仲間との交流も来年は復活させて、皆さんとまた仲良くしていただきたいなと思います。
NPOの小冊子が完成したら、何だかほっとしちゃって(笑)編集している間にできなかった他のこまごましたことをやっているうちにそっちが本線になっちゃったみたいなところもあって、今年はあまり多読にも関われなかったし、イベントも参加できなかったりしてたので、来年は復活して行きたいなと思います。

私、皆さんに忘れられてないですよねぇ・・・。スカイプアカウント、最近見ないからって皆さんのところから消されちゃったりしてないですよねぇ・・・。
オフ会に行ったら「誰だっけ?」ってなっちゃったら寂しいですよねぇ・・・。

みぃみぃですよぉ♪(笑)

« The Naughtiest Girl is a Monitor (Naughtiest Girl Book 3) 読了しました。 #tadoku | トップページ | The World According to Humphrey 読了しました。 #tadoku »

コメント

ん?メール?来てたかな?来てないかも。
こまろの部活で行事がなければ行きます。
久し振りにさかペンにも皆さんにも会いたいし、予定に入れておきます。
あとはこまろ次第だな~♪わくわく。

忘れられないように多読祭りにきてほしいんだけど、3月22日の日曜日なら来られる? メールは届いていますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Naughtiest Girl is a Monitor (Naughtiest Girl Book 3) 読了しました。 #tadoku | トップページ | The World According to Humphrey 読了しました。 #tadoku »

本の虫

  • Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel

    Sophie Kinsella: Shopaholic to the Stars: A Novel
    Shopaholicシリーズもすでに8作目に突入しました。 Beckyは夫Lukeの仕事の都合でHollywoodに引っ越してきました。 Hollywoodと言えば映画スターの聖地。セレブの聖地です。そこでBeckyは何とか有名になろうと悪戦苦闘しますが、そのために親友との仲が気まずくなったり、パパが失踪したりとトラブルに巻き込まれます。 さらに今回は、Lukeの母親をめぐってLukeとの仲も怪しくなってしまいます。どうするBecky!?

  • John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel

    John Ajvide Lindqvist: Let the Right One In: A Novel
    クロエ・グレース・モレッツで映画化された「ぼくのエリ200歳の少女」の原作です。 主人公Oscarは12歳の少年。学校ではいじめに遭い、家では両親が離婚して母親と二人暮らしです。 ある時、空き家だった隣の家にOscarと同じくらいの年齢の少女Eliが越してきます。しかしEliは学校に通わず、昼間は家に閉じこもって夜になると外に出るという変わった少女でした。 それと時を同じくして、Oscarの住む町では連続殺人事件が発生します。

  • Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)

    Tom Rob Smith: Child 44 (English Edition)
     舞台は1950年代の旧ソ連。主人公は国家保安省の捜査官レオ。ある事件がきっかけでとある村に左遷され、そこで子どもばかりが犠牲になる連続殺人事件に遭遇し、レオは妻ライーサと共に犯人を捜し始める。

  • John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive

    John Grisham: Theodore Boone: The Fugitive
    Theoが通う学校の8th Graderたちは、合衆国の歴史を学ぶため、ワシントンDCへ研修旅行に行くことになりました。 見学地に向かう地下鉄の中でTheoは、妻を殺害した容疑がかかっていながら突然姿を消したDuffy容疑者に良く似た人物を目撃します。 Theoはこっそりスマホでその人物の動画を撮影し、見学地の駅で降りずに後をつけます。歩き方でDuffyだと確信したTheoがすぐにおじのIkeに連絡すると、IkeはワシントンDCに駆けつけてくれます。TheoたちはDuffyを再び法廷に立たせることができるのでしょうか。

  • Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)

    Stephen King: Mr. Mercedes: A Novel (English Edition)
    警察を定年退職したばかりのBill Hodgesは妻と別れてひとり暮らしの家で日々鬱々と過ごしていました。彼はある未解決の事件を抱えたまま警察を退職していたのです。 その事件は、職を求めて人が集まる会場に、盗難車のベンツが突然現れ、何人もの人が犠牲になるという事件でした。ベンツを盗まれた女性はHodgesを含めた警察の追及の重圧に耐えきれず自殺してしまったのです。 Hodgesは退職した警察官として、この事件をひとり追い始めます。